『ショウほど素敵な商売はない』と信じてる。

主にミュージカルの観劇記録。思考の整理。

『フランケンシュタイン』(2017.1.10)の感想

こんにちは、めいです。

今日はやっと、最近観た作品の感想をアップします。

やっぱり感想は、新鮮なうちに公開したほうがいいのかもしれない。

 

今回は、フランケンシュタインです。

日生劇場で上演されている、ホリプロ東宝の共同公演です。

2017年初観劇。劇場始めの日。

ネタバレたくさんです。

 

 

メインの二役がダブルキャストの本作ですが、本日の出演者は、中川晃教さんと小西遼生さん。

なんだか安心感のあるお二人です。

 

以下コピペ。

ビクター・フランケンシュタイン(Wキャスト):

中川晃教柿澤勇人

アンリ・デュプレ(Wキャスト):
加藤和樹小西遼生

ジュリア:音月 桂
ルンゲ:鈴木壮麻
ステファン:相島一之
エレン:濱田めぐみ

日生劇場『フランケンシュタイン』

 

フランケンシュタインと言えば、実は大学の友人の卒論で扱った題材。

なので、小説や映画についてさんざん説明してもらった経験があるので、内容についてはきちんと理解していたつもりです。

ですが、観ていてなんとなく新鮮な気分に。もちろん、原作とはかなり違うストーリーだからなんだけど。

 

ちなみに、上演時間はちょうど3時間ほど。

1幕も2幕も1時間20分ずつというとってもバランスの良い作品です。

f:id:may3h:20170111165929j:plain

なんでポスター撮らずにこんなものを撮影したんだろう…。 

 

 

ストーリー展開とシーンは、

【1幕】

アンリを生き返らせようとするビクター@ビクターの実験室(ビクターの父のお城

時は遡り、ビクターとアンリの出会い@ナポレオンとの戦争時の戦場

パーティー@ビクターの叔父(ステファン市長)の屋敷

ビクターの20年前の亡霊@実験室の入り口あたり

酒場

アンリの裁判@広場

アンリを生き返らせようとするビクター@ビクターの実験室 リプ

 

 

【2幕】1幕から3年後

パーティー@屋敷

叔父の捜索、怪物との出会い@広場、崖

怪物の過去@闘技場

エレンの処刑@広場、実験室

ジュリアの死@ジュリアの部屋

北極

 

というかんじかな? 

 

パンフレットを買わず、観劇後に一気にメモをしただけなので、抜けがあったらお恥ずかしいけどまあきっとこうさ。

 

さて、だだっ!っと。

【1幕】

アンリを生き返らせようとするビクター@ビクターの実験室(ビクターの父のお城

最初の時点で、ビクターに中川さんと柿澤さん、アンリに小西さんと加藤さんがキャスティングされていることに納得。

全員それぞれの役にとっても合うキャラクターな気がします。

だけど、小西遼生さんといえば、私の中では「良いお兄ちゃん」なイメージなので(『ブラック・メリーポピンズ』的な)、怪物をやってる姿に動揺しました。

 

時は遡り、ビクターとアンリの出会い@ナポレオンとの戦争時の戦場

即座に怪物からアンリになる小西さん。良いお兄ちゃんの登場。安心。

いや、アンリ良い人すぎるでしょう。

そしてルンゲのキャラが想像とまったく違いました。『サンセット大通り』のような従順な執事かと思いきや。ああいうキャラ、好きです。

 

パーティー@ビクターの叔父(ステファン市長)の屋敷

華やかなシーン。

センターの谷口あかりさんがよく目立つ。

色味が少ないと感じましたが、その理由は1幕後半でわかります。

 

ビクターの20年前の亡霊@実験室の入り口あたり

リトルビクター(石橋陽彩)くんの歌がお上手。歌うまキッズとしてテレビに出てましたもんね。

ちなみに、ルンゲが護身用の銃をエレンを送っていくという流れに伏線を感じましたが、別にその銃でアンリを殺しちゃうとかいう展開にはならなかったです。

 

酒場

盛り上がるシーン。

終盤で、谷口あかりさんと丸山泰右さんの大技が。

あかりさんがinstagramで呟いてらした闇練とはこのことだったようで、今日が初披露だったそうです。ラッキー。

あれ、アンリってお金持ちなんだーと思いきやの展開。

にしても、壮麻さんのキャラ良いなあ。

 

アンリの裁判

とにかくアンリ良い人すぎないか?かっこつけすぎじゃ?

死を覚悟していたところをビクターに救われたから、命なんてもともと惜しくないし、ビクターのために死ねるなら本望なのか…。

 

アンリを生き返らせようとするビクター@ビクターの実験室 リプ

1幕最初のシーン再び。

ここで実験を始めるときに赤いランプが。

あ、今まで色が少なかったのはこれゆえ?とふと感じました。

 

【2幕】1幕から3年後

パーティー@屋敷

華やかなシーン。またも目立つ谷口さん。

(すみません、ご縁のあった女優さんなので、ついつい注目してしまうんです。)

ビクターとジュリアがラブラブで安心。

ジュリアの片想い系の関係だったら嫌だなーと思っていたので。

 

叔父の捜索、怪物との出会い@広場、崖(?)

とうとう怪物ごとうじょーう!

衣装きちんとしてるー!めっちゃ喋れるようになってるー!

 

怪物の過去@村、闘技場

過去でひとまとめにしちゃったけど、もちろん結構長い。

ここでは二幕で登場するいろんなキャラクターの皆さん、一気にご登場。

チラシで唖然とした壮麻さんと、ルンルンしてる中川さんがお気に入り。

全体的に残酷なので目をつぶってしまうことも多かったです。特にエヴァとカトリーヌのシーン。エヴァ怖すぎ。

そして、カトリーヌから北極というワードが。これは原作にも通ずる場所ですよね。

 

エレンの処刑@広場、実験室

エレン殺すの早すぎ!もうちょっと話を聞いてあげようよ!

それほど市長は人気者だったのかしら?

民衆は怪物を恐れてる?いや、でも怪物を見てはいないはずよね。集団ヒステリーはどこから来ているんだろう…。

 

ジュリアの死@ジュリアの部屋

「次に月が半分になる夜」の出来事。

ビクターの支持に従う警護の皆さん。いつの間にビクターはこんなに命令を聞いてもらえる立場になったんだ?

怪物の「俺にとっては人間のほうがよっぽど怪物」みたいな発言は、『ノートルダムの鐘』のメッセージ「人間と怪物はどう違うのか」と似たものがありますよね。

 

北極

北極。とうとう北極到達。まじかよ。怪物もビクターもすごすぎ。

というか、ビクターはもう一度人生やり直せばよかったんじゃない?もしくは、苦しいなら自殺しちゃえば?と思ってしまうくらいにはリアリストな私。

でも、最終的に怪物は殺されるためにビクターを襲おうとしたのかと思ったら涙が…。

にしても、終わると思うたびに終わらない。飽きるとかじゃなくて、予想を裏切ってくる感じ。

 

以上です。

感想というよりも箇条書きのレポみたいになってしまった…。