読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ショウほど素敵な商売はない』と信じてる。

主にミュージカルの観劇記録。思考の整理。

ハンドルネームの決め方

ひとりごと

こんにちは、めいです。

今日はミュージカルの話ではなく、ハンドルネームについてお話したいと思います。

 

2017年になり、「せっかくたくさん観劇をしているのだから、感想を公開できるブログを始めよう!」と意気込んだにもかかわらず、ブログ名とハンドルネームが決まらず…。

ぐぐりまくり、悩みまくった結果、ブログ名は「『ショウほど素敵な商売はない』と信じてる。」、ハンドルネームは「茉橋めい」になりました。

ブログ名については今度気が向いたら書くとして、今回はハンドルネームの由来をお伝えしてみます。

 

茉橋めい。

まつはしめいと読みます。

もちろん、本名ではございません。

茉橋さんって、苗字としてもきっといらっしゃらないと思います。

 

まず、真っ先に決めたのが「めい」という名前。

これ、実は私が実際に使っているイングリッシュネームなんです。

 

イングリッシュネームを作った理由は、海外で自分の名前を理解してもらえないから。

日本人にはたまにいる名前なのですが、海外の方には発音が難しいようです。

スタバで名前を書いてもらうときも、スペリングを教えてやっと認識してもらえるレベル。

いちいち面倒なので、いっそのこと英語圏の人と同じような名前を使ってしまおう!と、イングリッシュネームを付けたのでした。

 

…これも大変だったんですよ。

 

お気に入りのミュージカルから付けてみるか、好きな女優さんのお名前を拝借するか。

考えてみると候補はいっぱいあるのになかなかぴんと来るものと出会えません。

そこで、自分の本名のイニシャルであるMから始まる名前で検索してみました。

 

Mから始まる名前。もちろんたくさんある。

で、その中で「May」を発見。

 

・・・・・!!!!!!

私!5月生まれじゃないですか!ぴったりじゃん!

 

ってことで、わかりやすい~♪と思い、Mayと命名。

 

で、今回ブログを作るにあたり、このMayという名前を使うことにしました。

ただ、ここで問題が。

 

【文章書くときにめんどくさい】

 

そう、いちいち文字を切り替えて、アルファベットでMayと打つのが面倒だと思ってしまったんです。

大したことないかもしれないですが、ちょっとしたことでもやる気が削がれるようなことは避けたいと思いまして、カタカナで「メイ」と名乗ることに。

 

ですが。

ここでまたさらに問題が。

 

【「メイ」ってヒト、いくらでもいない?】

 

メイさんってブロガーさん、きっとたくさんいらっしゃいますよね。

今そんなにいないとしても、将来出てくる可能性はいくらでもあります。

 

もし、あるニッチな界隈でメイさんという有名人がいたら。

満々万が一、自分が一部で有名になり、それを知らない人がメイと名乗り始めたら。

 

きっと、他のユーザーさんが混乱してしまうことでしょう。

 

てなわけで、解決策として、苗字を付けてみることに。

苗字を決めるポイントは、実在する人物にならないこと、本名の漢字を入れることでした。

だって、実在する人と被ったら申し訳ないし、その方が犯罪者とかになってしまった場合、私にも影響があるかもしれません。

 

…いや、まあ実は、付けようと最初に思った苗字が「橋本」だったんですが、May J.さんの本名が「はしもと めい」さんだと知ってしまったので避けたんですよね。

May J.さんは好きなんですが、なんか申し訳ない気分になってしまいました。

 

「橋本」にしようとした理由は簡単で、「本名に似ているから」。

どこかしらに私らしさを入れたかったんですよね。

 

で、「橋」という漢字を使った別の苗字を考えることに。

本名に入っている他の漢字も検討してみたんですが、苗字に使えそうなのが「橋」だけでした。

 

ここからが悩みです。

だって、「橋」が使われてる苗字のどれを選んでも、実在する人がいそうなんだもん。

 

うーーむ。

 

google検索をし続けていると、ふと昨年の夏のことを思い出しました。

 

 

それは、パリのバスティーユの香水屋さんにて。

(文字にするととってもおしゃれ)

 

そこの店主さんは不思議なくらいハイテンションなおじさんで(でも有名人らしいです)、第一印象で似合う香水を選んでくれました。

それが嬉しくて楽しくて、その香りも気に入ったので、その場で衝動買い。

そうして、商売上手なおじさんの策にまんまとハマったのでした。

いや、でもいい香りだったもーーん。

 

で、その香りが、ジャスミンベースだったのでした。

 

ジャスミンは、漢字にすると茉莉花

とっても素敵な字面。

(「まりか」と読めますが、「まつりか」と教えられたことがあるような?)

 

あのおじさんは、「私=ジャスミン」だと思ったのだから(本当にそうなのかは知らない)、ここから漢字を使ってみることに。

 

「茉」「莉」「花」をそれぞれ「橋」と合わせると、

茉橋

莉橋

花橋

 

…どれも実在しなさそうですね。

あえていうなら花橋さん?

 

で、「まつはし」「りはし」「はなはし / かはし」と音を考えてみたら、「まつはし」がしっくり来たので、茉橋とすることに。

 

こうして茉橋メイにしたのですが、「メイ」より「めい」のほうが私自身の雰囲気に合っているという直感から、茉橋めいと命名したのでした。

 というわけで、私の名前をローマ字表記にすると、「May Matsuhashi」になります。

ちっちゃなこだわりですが、Meiではなく、Mayです。よろしく。

 

 

長くなりましたが(過去最高の字数かもしれない)、茉橋めい誕生の経緯は以上です!